恋愛で、復縁するまでの冷却期間はなぜ置くべきか?

恋人と別れたけど、復縁したい

彼氏、彼女と別れた。

でも、復縁したい。

でも、すぐに「復縁したい!」といっても、復縁などできない。

なら、どうすればいいのだろうか?

だめもとで、すぐにまた告白をするべきだろうか?

ある程度の時間をおいて、告白をするべきだろうか?

今回は恋愛の復縁の冷却期間について考えてみた。

 

冷却期間などおかない、すぐに復縁したい!

すぐに復縁したいという人もいるだろう。

しつこくしつこく電話やメールをする人がいるだろう。

しかし、それは当然ながら逆効果だ。

振られたのだから、相手は今、自分に気持ちがないのだ。

そこでストーカーのごとく連絡をとっていては、どうしようもない。

イメージが悪くなる一方で、復縁など夢のまた夢になってしまう。

基本は冷却期間をおいて、相手も自分も頭を冷却する必要がある。

あなたが本当に復縁される資格があるならば、

相手もまた時間をおけば、必要となって、復縁を求めてくるはずだ。

 

静かに相手の心に変化があるかを見守る

冷却期間を置く一番のメリットは、相手に変化を感じさせること。

今まで一緒にいた人と離れるのは、誰だって、少しは寂しいものだ。

それに人は変化に弱く、現状維持でいようとする心理が働きやすい。

時間をおけば、相手も寂しさを感じたり、もとに戻りたい、と思う可能性は増える。

その時こそ、「復縁したい」とつげる時なのだ。

もちろん、完全に嫌われていたり、次に好きな人がいる場合は例外である。

 

冷却期間中に良い男、良い女になろう

冷却期間中、何もしないのはダメだ。

特に何もしないと、相手に電話やメール、ラインなどがしたくなってしまう。

それを抑えるためにも自分を磨こう。

次、彼、彼女に会った時に、前よりも素敵になっていれば復縁の可能性はアップする。

この場合、筋トレやダイエットも良いが、それだと成果が表れづらい。

どれくらい冷却期間を置くかにもよるが、半年以上置くと次が見つかる可能性が高い。

できれば、半年以内によりを戻したいところだ。

一番手早いのは、ファッションにこだわる。

他にも男性ならば、髪型、肌(化粧水など)、眉毛カットに力を入れる。

女性ならば、化粧、髪型に力を入れる。

この場合、力を入れるというのを、入れ過ぎたら、意味がない。

少しの成長がいいのだ。

変わり過ぎると、相手も不安になる。

男性であれば、清潔さを増す程度、女性であれば、清楚やかわいらしさを増す程度。

それぐらいの変化がちょうどいいと思う。

 

冷却期間を置き、ひさびさに連絡を取ろう。

「ひさびさに友人として、食事にでもいきませんか?」と。

あくまで友人という建前でハードルを下げておく。

相手がこれに寂しさを感じたなら、もうけものだ。

あとは素直な気持ちを伝えれば良いと思う。

 

【PR】

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ