焦らないためには夢中になれる「今」――趣味を見つけること

私はそわそわ星人です。

結果を焦らないことはとても重要です。

私はテストが終われば、その日からそわそわし、

人にメールを送れば、送ったその時からそわそわし、

目標を定めて計画を立てても、目標を早めようかそわそわし、

本当にそわそわ星人です。

この「早くしなければ」「早く分かりたい」が強迫観念んいなっています。

つまり、結果を焦るその思いは「毒」そのものです。

 

なぜ、私は焦ってしまうのか?

なぜ結果を焦るのか?

なにが私の目を曇らせているのか?

それは「今」を見ていないから、だと思います。

私たちは今を生きています。

しかし、「未来」の結果にそわそわしたり、

「過去」の失敗にそわそわしたりする、そわそわ星人です。

うつ病においても大切なことですが、「今」を見ることが大切です。

今、できることをする!

でも、そんなことは大抵の人は分かっているのです。

 

今を見るには、今夢中になることを探さなきゃいけない。

ネットで一人でできる趣味について調べてみた。

○美術館めぐり

⇒興味はあるし、近くに美術館もある。ただし、美術館の楽しみ方が分からない。

今度足をのばしてみようかな

×水族館

⇒近くにないので却下

×博物館

⇒近くにないので却下

×動物園

⇒動物園に行くと気が狂う性質があるので却下

○図書館にいく

⇒今でもたまに行っている。

×近所の名所巡り

⇒どうすれば良いか分からない。

×街歩き

何を楽しみにあるけばいいか分からない。

△本屋にいく

⇒せどりがてら行ってみる。

×読書

⇒読書できる集中力がない。

△映画を見る

⇒一人で見に行く楽しみが見いだせない。

△ショッピング街をブラブラ

⇒一人でいくのはどうかと思うが、新しい発見があるかも?

△公園・庭園を散歩

⇒一人で見に行く楽しみが見いだせない。

×サイクリング

⇒楽しみ方が分からない。

×スポーツジム

⇒高い。

×ランニング

⇒楽しみ方が分からない。

×ウォーキング

⇒楽しみ方が分からない。

△水泳

⇒近くにないので、なかなか行けない。

×山に登る

⇒これができたら、うつ病治ってるのでは?

○釣り

⇒実はやったことないけど、楽しいのかな? 興味あり。

×カルチャースクールに参加

⇒お金がかかることはちょっと。

△刺繍

⇒少しだけ興味がある。

×油絵

⇒興味なし。

○カメラ

⇒簡単に自分の作品ができるのはいいことだ。

○カラオケ

⇒ヒトカラとかは楽しそう。

△小説執筆

⇒ストレス解消にはならない。

×ガーデニング

⇒庭がない。

○料理

⇒最近始めた、少し趣味にしようと思っている。

×おいしい料理を食べる

⇒お金がかかる。

△ゲームをする

⇒面白いゲームが見当たらない。

 

では、自分が興味あるものをまとめてみる

で、○が付いたものは、

○美術館めぐり

○図書館にいく

○釣り

○カメラ

○カラオケ

○料理

以上、6つだ。今度少し調べてみよう。

美術館は近くにいくつかある。

図書館はもともと行っているが、もう少し行く頻度をあげよう。

釣りはそもそもどうすれば、分からないので調べないとだめだ。

カメラはスマホでも楽しめるかな? これも調べないと分からない。

カラオケはたまにいって、ストレス発散するようにしよう。

料理もたまにして、おいしいものを食べよう。

 

少しやりたいことがまとまった。

このように何か趣味の一覧を列挙して、一つ一つ吟味することは良いかもしれない。

なにか夢中になれる趣味を見つけること。

それが焦らない方法の身に着け方になると思う。

 

【PR】

 

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ