ワキガを治すための洗い方

身体をごしごしと洗うのは禁止!

自分のわきがが気になる。

肌には雑菌や細菌があるからにおう。

そうなると、焦ってゴシゴシと洗いがちだと思います。

しかし、それは間違いです。

ゴシゴシと洗うと皮膚上にすむ表皮ブドウ球菌が落とされてしまいます。

表皮ブドウ球菌とは、良い香りを出す菌です。

逆に悪臭を出す黄色ブドウ球菌はアルカリ性を好むため、

石鹸の洗い残しなどを食べて、どんどん増えていきます。

≪わきがに効く石鹸は濃い柿渋石鹸≫

さらに体を洗いすぎると、肌の感想を防ごうと余分な皮脂が分泌されます。

 

わきがを治すための洗い方(実践)

○体を洗う時は天然素材のタオルか、手の平でやさしく洗います。

ナイロンタオルなどは肌を傷つけるので、おすすめはできません。

○ごしごし洗わずに、なでるように洗います。

○石鹸成分が残らないように、しっかりと洗い流します。

 

以上、簡単ですが、洗い方は大事なので意識しときましょう。

これはわきの洗い方だけではなく、体全体にいえることです。

石鹸成分が残らないようにするには、

頭から洗い、上から下に下がり、最後に足を洗うようにしましょう。

そして、シャワーでしっかりと身体の泡などを流しましょう。
【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ