食事改善でわきがを治す

食べ物もはわきがでも大切な要素

食事は人間のニオイをつくる大切な要素です。

食事によるわきが対策は「わきが予防」と「消臭」の2つに分けられます。

食べ物にはニオイを作るものと、ニオイを作らないものがあります。

臭いを作るもの極力避ける食生活をすると、

身体の内面からニオイがあまりしなくなってきます。

これがわきが対策になるのです。

 

肉類などの消化が悪いものはNG

腸内環境が悪いと、循環が悪くなり、人は臭くなります。

腸内環境を悪くさせる大きな原因となるのが、

肉類などの動物性タンパク質や脂質です。

肉類などの動物性たんぱく質や

脂質は消化や分解に時間がかかるためです。

特に日本人は従来の食生活が原因で、

腸が長いといわれています。

つまり消化の悪い肉類などは日本人には不向きなのです。

分解されるのに長くとどまって腸内で発酵してしまい、

腐敗臭を発生させてしまうのです。

また消化に時間がかかるため、体温が上昇し、

臭いの原因となる汗をかきやすくデメリットもあります。

アセッパー

タンパク質は体内でアミノ酸になりますが、

その一部からはニオイのもととなるアンモニアも生成されます。

肉類は臭いの根源になりうるのです。

とはいえ、肉を食べない! なんてなかなかできないですよね。

 

ビタミンACEを取ろう

⇒抗酸化物質、ビタミンACEを取ろう

 

食物繊維を多く含んだ食材を取ろう

なるべく早く消化して、

排出するために食物繊維を多く含んだ食材と

一緒に摂取すれば肉類も食べても問題はありません。

食物繊維は、

豆、

穀類、

野菜、

キノコ、

海藻類

などに多く含まれます。

肉を食べるときには一緒に取るように心がけてください。

またおすすめの食品としてうれしい明日葉 があります。

お通じもよくなりますし、とてもおすすめですよ。

ぜひ、試してみてください。

 

常温・温かい飲み物を飲みましょう。

肉類は腸を冷やしてしまう食品でもあります。

腸は冷やされると、動きが鈍くなり、体臭につながります。

冷たいお茶やお水をたくさん飲むのではなく、

常温のお茶やお水を飲むように心がけた方がいいです。

腸内環境がよくなると、肌にも良いので一石二鳥です。

⇒わきがに効くサプリメント

 

【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ