わきがに効くおすすめの柿渋石鹸

柿渋石鹸で体臭を防ぐ

わきがにかかわらず体臭に効くとされているのが、「柿渋石鹸」です。

加齢臭に効果があるといわれている石鹸です。

柿タンニンと呼ばれる渋柿からとれる成分があります。

これはとても強いな抗酸化作用と消臭効果を持っています。

タンニンはポリフェノールの一種ですが、柿はワインの20倍近く含まれてます。

このように皮膚の菌やニオイを防ぐ効果があり、加齢臭対策として石鹸として売られています。

ニオイが気になる方は柿渋石鹸を使うことをおすすめします。


石鹸で一番おすすめなのは加齢臭などにもきくと言われる柿渋石鹸です。

柿に含まれる柿渋(柿タンニン)に、

皮脂が酸化してできた成分を除去する効果があることが実証されています。

柿渋のポリフェノールが抗酸化を持っているからです。

柿渋タンニンは分子量約15000の高分子物質で、構造はお茶やワイン、

ひまわり等と比較しても非常に大きくタンニンの特性を強く示します。

含有量もワインの20倍、緑茶の73倍にも達していて、生理活性にも大きく活躍します。

ニオイをごまかす芳香剤や脱臭剤と違い、悪臭の元を分解します。また柿渋タンニンには、

微生物抑制効果・強い抗菌作用があることがわかっており、

皮膚を保護し、細菌の増殖を抑えることによりニオイも抑えます。

また肌にやさしく安全で、天然植物系なので赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使うことができます。

柿渋タンニンのもつ天然の自然な消臭効果は精神を安定させ、心身をリラックスさせるなどの効果もあります。

柿渋石鹸は流行っており、数多くあります。

その中でも特におすすめなのが京都やまちや「⇒京都やまちや「濃い柿渋石鹸」」です。

そのままですが、まず柿渋エキスがとても濃い石鹸なのです。

京柿渋エキスは業界初となる「柿タンニン」を5.5%と高濃度で配合。

酸化をケアし、毛穴を引き締める効果があります。

他にもニオイ撃退に役立つ10種類の植物成分が入っています。

薬用炭、イチョウ葉エキスが毛穴につまった皮脂や汚れを根こそぎ洗い流します。

消臭効果のあるミョウバンがニオイを取り除き、お肌を引き締める効果があります。

ヨモギ葉エキス、ドクダミエキス、シソノエキスがしっかりと嫌なニオイの元をすっきりさせます。

アロエベラ、アカヤジオウ、オウゴンエキスが皮膚細胞に潤いを与え、水分を保ち、もちもち肌にさせます。

ウコン根茎エキスがウコンの力で気になる肌荒れをケアしてくれます。

ヒノキのさわやかな香り、キメの細かい泡、頭から足の先まで全身に使える。汎用性の高さ。

また小麦、そば、牛乳、卵、エビカニなどの5大アレルギー成分由来のものは入っておらず、

子どもにも安心して使えます。

私も利用していますが、本当にニオイが気にならなくなりました。

また体臭が気になるといっていた友達にも試しに使ってもらったところが、

5人中5人がきいた!と言っていたので間違いないと思います。

おすすめの一品ですので、もしよければ試してください。

⇒京都やまちや「濃い柿渋石鹸」

【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ