わきの下が臭うのはなぜなのか?

ニオイの中で最も多く人が気にしているといわれているのが、

ワキのニオイだといいます。

人によって違いはあるとはいえ、汗をかいたときにはニオイがでやすい個所です。

実際に脇の下用のデオドランド商品は数多く売られていますよね。

それだけ悩んでいる人も多いということです。

特にワキガと呼ばれるニオイは明らかに人に不快感を与えるため、

自分がワキガかどうか気にしている人も多いのでしょう。

ワキガは男性はもちろん女性にもあります。

男性はもともと女性にくらべて、ニオイに鈍感ですが、

女性は敏感な為、ワキガの悩みはかなり大きいものとなるでしょう。

では、なぜ脇の下はにおうのでしょうか?

実は脇の下はエクリン汗腺だけではなくアポクリン汗腺も発達しているため、

たくさんの汗が出ます。

また、皮脂の分泌も盛んで、

タンパク質やアミノ酸、脂質、ミネラルといった細菌や雑菌の栄養分になる物質もたっぷりとあります。

汗自体には実はニオイはないのですが、

これらの細菌や雑菌と結びつき、酸化・分解されることにより、強いニオイがおきるのです。

それだけでもワキのニオイはにおうのに、わき毛がさらにニオイを増幅する役割を持っています。

わき毛自体には、本来ごくわずかしか細菌は存在しません。

しかし、汗の水分が湿り気として溜まるため繁殖が進んでしまうのです。

ここで作られたニオイは毛にからまってとどまり、わき毛によって拡散されます。

わきの下の強いニオイがわき毛によってさらに広がるのですからたまったものではありません。

一般に女性に比べて男性の方が体臭が強いといわれる原因も

わき毛の手入れをほとんどしていないのが一因だともいわれてます。

またワキの下は胴体と二の腕に挟まれ汗が蒸発しにくい上、服にも覆われています。

その為、高温多湿になりやすく、細菌の繁殖が進みやすくなるのです。

しかも、このように汗がたまりやすく蒸発しづらい場所では、

アンモニアや尿素といったニオイ成分までも凝縮されています。

さらに重炭酸イオンが蓄積されて皮膚上がアルカリ性に傾きやすくなります。

アルカリ性は悪い働きをする黄色ブドウ球菌たちの好物です。

その為、どんどん悪臭を生み出すことになります。

このようにワキの下はとてもニオイやすくなっています。

 

【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ