気づいた時には遅い自分のニオイ

みなさま、自分の体臭についてどこまで分かっていますか?

自分はくさいという人からニオイは気にならない、という人、さまざまいるでしょう。

しかし、それって本当でしょうか?

人間の嗅覚はひどく鈍りやすく、自分のニオイに鈍感なものです。

自分がくさいと思っている人、それは思い込みではないですか?

精神疾患で自臭病という、自分がくさいと思い込むというものがあります。

もちろん、本当にくさいだけかもしれません。

ニオイが気にならないという人。それは勘違いではりませんか?

あなたは気づいていないだけで、あなたはニオイがきつい可能性もあります。

もちろん、本当ににおっていない可能性もあります。

自分の鼻など大してあてにはならないのです。

では、人からニオイについてきちんと教えてもらえるでしょうか?

残念ながら、「くさい人」について「くさい」ときちんと指摘してくれる人は少ないでしょう。

おそらく、あなたもそうではないでしょうか?

人に「くさい」ときちんと指摘することは本当は相手のためになる行為でもあるのですが、

同時に失礼で傷つける行為である為、なかなかできないのです。

日本人はもともと欧州人に比べ食生活などの関係からニオイがあまりしない民族だといわれます。

しかも、日本人は綺麗好きです。

さらに、自分のニオイには鈍感なこの鼻は

他人のニオイには敏感という厄介な性質を持っています。

そのうえ、日本人は排他的な傾向がありますから、

ニオイがキツイ人に対して、黙ったまま冷ややかな態度を取ってしまう人もそれなりにいます。

あなたは本当に大丈夫でしょうか?

自分のニオイについて、考えてみようとは思いませんか?

ニオイについての知識が手に入れば、少なくともニオイに対する不安はなくなります。

人によってはそれだけで人間関係が円滑にいき、

学校生活や職場生活がうまくいくようになるかもしれません。

恋愛だってそうです。

誰だって、ニオイがきつい人とご飯を食べたり、同じ空間にいようとは思わないでしょう。

仮に同じ空間になったとしても、多少のストレスを与えるに違いありません。

特に一番キツイのワキガですね。

重症のワキガであれば、明らかに人に不快感を与えます。

しかも、非常に少数であるため、

あなたがワキガならそれはとても気を付けなければならないことです。

ニオイの種類によっては完全な改善が見込めない可能性もあります。

しかし、少しでもこの無臭社会である日本で円滑にストレスなく、

生活を送るような手助けができたらと思います。

 
【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ