3つの悪臭発生源を知って、ニオイ対策

自分のニオイはどこから起きているのでしょうか?

発生源は何なのでしょうか?

わきが、頭皮臭、口臭、体臭はいろんなところからニオイます。

自分がにおっていると分かっても、

どう対策すれば良いかとなると、ピンとこない人もたくさんいるでしょう。

ちなみに体臭には3つの発生源があります。

発生源もわからずにやみくもに体臭対策を取ろうとしても効果はでてきません。

今回は3つの体臭源がそれぞれがどんなものであるか紹介します。

何が原因、何処か発生源、どうすれば良いのか、が分かってくればニオイの根絶!

…まではいかなくても、軽減することは誰にでもできるでしょう。

では、3つの発生源です。

 

①体表面

汗腺と皮脂腺、最近によって皮膚上で発生するニオイです。

一般的な体臭、わきがなどになります。

 

②体内体臭

体内で発生し、汗や口臭として表に出るニオイ

体内のホルモン異常や生理機能の低下などを原因とし、

皮脂の分泌が盛んになったり、活性酸素を発生したりして起こる。

 

③腸内体臭

腸の中で食べ物が分解されたり、発酵したりする際に発生したガスが、

体内に吸収されたのち、汗や口臭として出る体臭。

便臭や腐敗臭などのニオイ。

以上です。
つまり、体外、体内、腸内の3つの環境を整えることでニオイは軽減できるということです。

私がわきがで悩まされていた頃も、この3つの環境を整えることで改善しました。

このサイトで一緒にわきがや体臭対策をしましょう。
【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ