汗と皮脂が結合すると臭うようになる

ニオイの発生源には3つあります。

①体表面体臭。
②体内体臭。
③腸内体臭。

今回は体表面体臭についてです。

 

実は汗はにおいわない

実は汗はニオイません。

よく汗臭いといわれたりしますが、汗自体にはニオイはありません。

汗は全身に張り巡らされた汗腺から出てきますが、

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」があります。

汗腺のうち、全身に張り巡らされているのが「エクリン腺」です。

その数は全身でおよそ200万個もあります。

そんな汗腺から出てくる汗の量は、一日だいたい1.5Lほどです。

エクリン腺の成分は99%が水分で、

残りの1%は塩化ナトリウム、尿素などの塩分類で構成されています。

ほぼ水なので、エクリン腺から出てくる汗はにおわず、体臭の元にはなりません。

 

汗と皮脂が結合するとニオイが発生する

アポクリン腺はエクリン腺と違い、全身に張り巡らされている訳ではありません。

脇の下、おへそのまわり、耳の外耳道、乳輪、局部、肛門などです。

そう俗によく臭うとされる場所です。

これらに共通することは、「濃い体毛が生える」場所です。

アポクリン腺は男性ホルモンの影響で活発になり、思春期の前後に発達します。

また皮膚には皮脂があります。

毛穴にうまっており、外敵から肌を守る役目をしています。

しかし、この皮脂と汗が混ざりあうと、ニオイの原因になります。

 

良い細菌と悪い細菌があり、悪い細菌がニオイを発生する

人間の体にはさまざまな細菌ですんでいます。

健康な皮膚上では「表皮ブドウ球菌」という細菌が勢力をもっています。

この表皮ブドウ球菌は皮脂と汗と食べて分解し、

肌を弱酸性に保ち、よい香りのもととなる脂肪酸をつくります。

しかし、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」といった悪い働きをする菌が優位にたつと、

彼らが皮脂や汗をたべて作り出す脂肪酸は悪臭を放ちます。

アンモニアやインドールなどの不快なニオイになるのです。

つまり、汗と皮脂と悪い細菌が結合した時、イヤなニオイのする体臭となるのです。

では、どのようにすればこのニオイを軽減できるのか。

⇒柿渋石鹸で体臭を消す

 
【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ