肌のニオイを落とす正しい洗い方

ゴシゴシと洗いすぎは逆効果

体表面体臭は汗と肌の細菌と皮脂が原因です。

では、肌をゴシゴシ洗えばいいのでは?

と思う単純な方は私だけではないはず!!

ないはずですよね?

ね?

……え?

しかし、ゴシゴシ洗いは逆に体臭を強くする可能性があります。

理由は2つあります。

 

①良い香りの細菌が減少し、悪いニオイの細菌が増える

まずは細菌の種類です。

肌には表皮ブドウ菌という良い香りのもととなる菌も存在します。

しかし、これがゴシゴシ洗いで消滅してしまい、

さらに表皮ブドウ菌のエサである皮脂や汗までもなくなる為、

表皮ブドウ菌自体が弱まってしまうのです。

そして、悪臭を出す黄色ブドウ球菌はアルカリ性を好み、

石鹸の洗い残しなどを食べてどんどん繁殖します。

当然ながら、体からは良い香りが抜け、

悪臭が漂いやすい肌へとなるのです。

 

②肌が乾燥し、余分な皮脂が分泌される

次に肌の乾燥が原因になります。

体を洗いすぎると、

肌の乾燥を防ごうとして余分な皮脂が分泌されます。

すると、それが黄色ブドウ球菌などの悪い働きをする細菌によって、

皮脂が分解されて、体臭を強めることになるのです。

では、どのように洗えばいいのか?

 

おすすめは柿渋石鹸で優しく洗うこと

私の経験上、柿渋石鹸が一番の効果がでました。

洗うタオルも硬いナイロンタオルなどではいけません。

綿や木綿などの天然素材のタオルにしましょう。

そして、こするのではなく、

泡で汚れを洗い流すように、優しく洗ってください。

石鹸の残りかすは悪臭の原因となるので、

綺麗にお湯で洗い流すようにしましょう。

手順としては。

①濡らした手に石鹸をとり、

両手のひらでこすってきめ細やかな泡を作る。

②木綿のタオルか手を使って、泡を全身に伸ばすように洗う。

この時、決してゴシゴシとこすらないこと。

③石鹸成分が残らないよおうに、しっかりと流す。
何度もいっていますが、柿渋石鹸がとてもおすすめです。
【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ