気になる口臭の原因はなにか?

口臭が気になるという方はどれくらいいるでしょうか?

私はかなり気になります。

特に私はにんにくが大好きなので、

相手にくさいと思われていないか気になるところです。

しかし、口臭も他のニオイと同じように自分ではなかなか分からないものです。

 

口臭は自分では気づかないが、相手には気づかれる

口臭は会話の中で嗅いでしまうことがあるので、

体臭の中でも気づかれやすい部類だといえます。

あなたも人の口臭に気づいたことはありませんか?

もしあるのであれば、自分の口臭が大丈夫か、気になりませんか?

 

口臭の原因は生理的なものと病理的なものがある

口臭は生理的な口臭と、

消化器や呼吸器などに疾患があるときの病理的な口臭に分けられます。

このうち、多くの人が悩んでいるのが生理的口臭だといわれています。

口の中はもともとニオイがする原因がたくさんあります。

まず、口の中は常に湿っています。

湿っているということは、

雑菌や細菌が繁殖しやすい環境であるということです。

それだけでなく、口の中はでこぼこの多い歯が並んでいます。

その上、毎日たくさんの種類の食べ物や飲み物が運ばれてくるのです。

歯のあいだに食べかすが残り、

そのかすを栄養としてますます雑菌や細菌がうじゃうじゃする訳です。

におって当たり前なのにもかかわらず、

私みたいににんにく大好物だとなった日には大変です。

他にもタバコやお酒など、

クセになるものにはニオイがキツイものも多いです。

口臭の主な成分はメチルメルカプタンや硫化水素などで、

強いニオイを放ちます。

これはもともと口の中にある成分で、

食べ物を食べなくてもニオイがするのです。

みなさんも経験があるかもしれませんが、

朝起きた直後や、お腹が減っている時、

ストレスや緊張にさらされた時などにニオイはきつくなります。

なぜ、ニオイがきつくなるのか?

それは唾液の分泌量が減ってしまうからです。

唾液は消化を助けるものですが、

同時に抗菌作用で口の中のニオイを抑えてくれる役目を持ちます。

それが就寝中や食べ物が口の中に入ってこない状態のときは、

脳が唾液を不要であると判断し、その分泌量を抑制します。

また、唾液は自律神経の影響を大きく受けます。

緊張やストレスで口の中がカラカラになることは

誰しも経験があるのではないでしょうか?

これは交感神経が優位になり、

分泌量が極端に減少してしまっているために起こります。

 

口臭は誰にでもあるもの、対策をきちんとしよう

強い弱いはあれど、口臭は誰にでもあるものです。

相手に対するエチケットの為にも、口臭はきちんと対策しましょう。

 

【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ