足のニオイの原因はなにか?

足のニオイが気になるという人は多いでしょう。

特に仕事終わり、学校終わりの足や靴下のぷーんとするニオイは

誰しも経験したことあると思います。

私も会社での飲み会で座敷の時はとても気にしました。

あのニオイは顔をそむけたくなりますよね?

では、なぜそんなニオイがするのでしょうか?

 

足のニオイの原因は靴です。

そんな強烈なニオイが起こる最大の原因は、靴です。

足は体の中でも汗腺が集中しており、

緊張したりすると汗をかきやすい場所です。

実は手も同じように汗をかきやすい場所なのですが、

常に外気にさらされているため、あまりニオイません。

逆に足は靴下や靴におおわれていて、湿気しやすいこともあり、

細菌・雑菌が繁殖しやすいです。

その為、あの強烈なニオイが発生することになるのです。

ワキの下に匹敵するような強いニオイがする足ですが、

ワキガなどの元になるアポクリン腺は存在しません。

代わりにニオイのもととなっているのが、

汗に含まれるアンモニア、酢酸をはじめとした物質で、

とくに足独特のニオイは「イソ吉草酸」という脂肪酸が主となっています。

 

イソ吉草酸は加齢ともに増加します

「イソ吉草酸」はごく微量でも強いニオイを発し、

しかも一度発生するとなかなかニオイが

なくならないという大変困った物質です。

しかも、その分泌量は遺伝的な要素が強く、

汗に「イソ吉草酸」が多く含まれる体質の人ほど、

足をがニオイやすいということになります。

また、加齢にともない「イソ吉草酸」は増加します。

普段からしっかりと清潔にしていないと、

「イソ吉草酸」は角質層に定着してきます。

しみ込んでしまったニオイは、表面をサッと洗ったくらいではとれません。

足のニオイ対策では、

「イソ吉草酸」を角質層に定着させないように、

清潔に保つことが何より大切です。

足のニオイはふとした瞬間に人の目に触れます。

普段から対策しておきたいところですね。

 

【スポンサーリンク】

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ