勝手に人生案内|怒ると黙るDV夫と離婚を考えている

相談内容

2014年5月31日読売新聞 人生案内より引用

パートで働く40代半ばの主婦。年下の夫は、

私に対して気に入らないことがあると、何か月もだまり続け、

無言の攻撃をしてきます。

何に怒っているのか尋ねても夫は答えません。

頼み込んで教えてもらうと、

怒った内容が誤解であることが多く、

説明しようとしますが一切耳を傾けません。

頭ごなしに自分の意見を押し付け

「俺は家で一番偉い。俺に従え。お前は『はい』と言えばいい」。

私が言うことはすべて口答えだそうです。

その場を収めるために私はとにかく謝り続けます。

夫はしつこい性格で何時間も説教です。

年に数回こんなことがあります。

子供たちも父の顔色をうかがうようになりました。

家計は夫が管理士、家計簿もチェックされます。

一度夫に殴られたこともあり、

親を交えて二度としないと約束しましたが、今も物にあたります。

離婚も考えますが、機嫌の良い時は良い父親なので、

子どもたちは離婚してほしくないと言います。

また、何の資格も技術もない私が子供たちを養う自信もありません。
(奈良・S子)

 

人生案内

あなたの旦那様はひどく幼稚な性格です。

典型的なDV夫ともいえるでしょう。

大切なのは子供の希望を聞くことではなく、

子どもの為に行動することです。

子どもは良い時の父親を見て、

離婚して欲しくないというのでしょうが、

子どもが親の顔色を窺いながら、

しかも離婚を考えている両親の元で育つのは残酷です。

子どもが何歳かにもよりますが、

子どもの将来のために本当に

今の父親のままで良いのかどうかを考えるべきでしょう。

「俺は家で一番偉い。俺に従え。お前は『はい』と言えばいい」

このようなセリフを吐く人間が子供に良い影響与えるでしょうか?

いや、与える訳がありません。

自分から何も言わない、人の話しはきかない。

でも、家計やあなたを管理したい。

そんなわがままは小学生ですら許されません。

一度、離婚を突きつけてご覧なさい。

旦那様が後悔するかどうかは知りませんが、

あなたが家庭の中を支えていたのなら、かならず彼は後悔するはずです。

彼の価値など、「今や生活費を稼ぐだけ」の部分しかありません。

そんなものです。

生活費のことなら、離婚しても、

慰謝料や教育費をせしめるか、実家に頼ればいいんです。

元はあかの他人。

死んだものと思えば、離婚ぐらい大したものではありません。

何もあなたが独力でがんばる必要はないのです。

旦那様が暴力をふるった時に一緒に立ち会って

彼と話してくれた心優しい両親がいるじゃあありませんか。

あなたが子供を想うように、あなたの両親もまたあなたを想うのです。

迷惑かもしれないなどと考えてはいけません。

そのことよりも旦那様があなたと子供たちにかける多大な迷惑を

考えるべきです。

離婚しましょう。

それが最良の選択肢です。
[おすすめ]

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ