目白台サイドキック(作者は太田忠司)の感想

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)

新品価格
¥637から
(2014/12/16 07:31時点)

 

今回のご紹介するのは、2冊。

目白台サイドキック 女神の手は白い

目白台サイドキック 魔女の吐息は紅い

(どちらも作者は太田忠司)

ミステリーですが、本格ではないかなぁ。

犯人探しは当然しますが、

隠れた謎が2冊に分かれて謎編と解答編(?)として出てきます。

 

そのためにも、必ず女神から読んでね。

でないと、後悔しますよ。

 

トリック自体は、ちゃんとしていて、でももうひとつ

奥に何かある。好きです、こういうの。

 

登場人物も好みですね。

太田さんの描く登場人物は、ぶっきらぼうだったり、

へなちょこだったりしますが、繊細で傷つきやすい。

そして、本当の意味でのやさしさをもっている人が

多いですよね。

あと、意外なところで冷静。

はー、こうゆう場面は冷静でいられるのね、とか思いますね。

たまに、ホロウ的に言い訳がはいることもあるけど…

 

今回の本は、北小路 準(物語に出てきます) の自分に対するイラつきと

冷静さが一番のお気に入りです。

 

[おすすめ]

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ