初デートで男性・女性に好意を伝える3S

初デートというのは緊張します。

どのように行為を伝えればいいのか?

今回は単純な話ですが、

相手に伝わる3Sの愛着行動を記述します。

 

「愛着」という概念はイギリスの精神医学者、

ジョン・ボウルヴィが考え出したものです。

愛着は

「人間や動物が示す特定の対象や

物に対して形成する情緒的結びつきのこと」

と定義されており、もともとは親子関係を表す言葉でした。

 

今回は愛着行動の中にある3Sを紹介します。

「視線(sight)」

「微笑み(smile)」

「スキンシップ(SKINSHIP)」

 

赤ちゃんは微笑めば母親がほおずりしてくれます。

ほほえみは相手に行為を表すサインですから、

それを相手に示しましょう。

 

人と話すときは目を見て話すのが良いといわれます。

視線によって

好意、

関心、

興味

があることを伝えることができるからです。

 

スキンシップは相手に温かみを感じさせることができます。

 

ほほえみ→視線→スキンシップ

段階を踏んで行為を伝えながら、初デートを成功させてください。

 

ちなみに

初デート後はメールをして、あるいは返信をするのも忘れずに。

そういったものが次につながります。

デートで好意がうまく伝われば伝わるほど、

その後のメールやlineや電話も反応が変わってくるはずです。

 

では、素敵なデートができますように、祈っています。

 

[おすすめ]

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ