人と話すのを苦手から得意に、口下手を治す方法

口下手な人は器用でなかなか器用に話すことができない。

友だちもできづらいし、ぼっちになりやすい。

そんな自分を悲観して、ネガティブ思考にもなりやすいかもしれない。

会話という重要なコミュニケーションができないのはかなりの問題である。

口下手も個性、という人間はいるが、本当に個性というなら悩まなくて良い。

本当に悩んでいるのなら、口下手は個性ではなく、やはり欠点なのだ。

でなければ、悩む必要がない。

偏見の強い人は口下手な人は馬鹿とすら思っている人がいる。

 

どのような状況の時に口下手なのか?

口下手なのは、

「対面した時」か、

「電話の時」か、

「lineやメールなどの文章」でもか?

どの場合の時かによって、口下手の原因は変わってくる。

不等号で表現するならば、

「文章の時」>「電話の時」>「対面した時」

のように口下手の重症度が並べられる。

文章ですら、口下手な人はそもそも言語能力を鍛える必要がある。

 

Lineやメールなどの文章でも苦手な人

まずは自分でブログでも日記でも書き、もう一度自分で読むこと。

メールでもlineでも同じことがいえる。

きちんとした文章になっているかどうかを確認するのだ。

話題は何でも良いが、できれば、相手がいることを想定した方が良い。

ドラマやお笑い、服や時事ネタ、天気や健康などいろいろな話題がある。

話題について詳しく知る必要はない。

ただ浅く知っていれば、それで問題はない。

次に話題の提供ができるようになれば、コミュニケーションの取り方を覚える。

相手が言ったことをきちんと話題にする。

相手「ディズニー行ってきた」

自分「ディズニーいってきたんだ。楽しかった?」

でも、やりとりになっている。

相手の話題をきちんと取り入れて、文章にする。

ほかにも思いついたことなどを適当に入れていけば良い。

⇒line(ライン)やメールでの話し方のコツや方法

 

電話の時に口下手になる人

文章では大丈夫だけど、電話だと口下手になる人。

まず、頭の回転が追い付いていない可能性がある。

その場合は文章の練習と、知識を身に着けることから始めた方が良い。

話題の提供や復唱(相手の話題を繰り返す)などはできるが、口下手の人。

間や空気を読んだりすることが苦手なのかもしれない。

大切なのは「沈黙を恐れないこと」。

相手が沈黙だからと、つまらないと恐怖しないことだ。

では、どうやったら、恐れないで済むかというと、「自信を付けること」だ。

電話が苦手の人は、最初に言った通り、

ブログなどの文章媒体で自信を付ける必要がある。

そこで自信がつけば、電話での会話も徐々に慣れていくはずだ。

間や空気を読むのはそれからで大丈夫。

ただし、間や空気を意識して、話すことを心がける。

大切なのは相手の立場にたった時にどう思うかを、常に考えることだ。

そうすると、徐々に間や空気の読み方が分かるはずだ。

⇒シナツナギの電話応対コンクール(参考サイト)

 

対面した時に口下手になる人。

このサイトを参考にしてほしい(笑)

というのは半分本気半分冗談。

電話はできるのに、対面した時に無理なのは、ボディランゲージの点がある。

ただこれも電話の時の空気や間と同じで場数で身に付くものだ。

大切なのはやはり「自信」である。

対面した時に苦手な人は、電話やSkypeなどでより強固な自信をつけるといい。

あとは場数を踏み、相手の立場や視点を考えながら話せば、口下手は自然と治る。

 

要は自信を身につけ、相手の視点・立場を考えること

自信を得て、相手の視点や立場を考えること。

これが口下手の重要なキーワードになりそうだ。

大切なのは口下手でも良いんだ~と下手に悩み解決しないこと。

口下手を治したいなら、実際に今回の内容を実行するか、

ネットで「口下手 治すには」と調べ、実践すること。

実践を積み重ねるから、自信が生まれ、

自信が生まれるから、相手の立場に立つ余裕でき、

相手の立場に立てるから、聞き上手になり、口下手も解消されていく。

そのように私は思う。

 

【おすすめ】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、

はてなブックマークやツイッター等で

シェアをお願い致します。非常にはげみになります。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ