話し上手には知識が必要

知識がなくては話し上手になれない

さぁ、今日から話し上手になるぞ!

といざ活き込んでみても、話し上手には必要なものがあります。

それは技術だけではなく、知識も必要だということです。

聞き上手――聞く側の方は知識はなくても、

相手を気持ちよく話させるスキルさえあればいいのですが、

話し上手――話す側になると、どうしても知識が必要になってきます。

 

面白い話しのストックを貯めよう

当然ですが、一番大切な知識は「面白い話しのストック」です。

これは技術によっても、面白くできますが、そもそも経験や知識がないと話せません。

では、どのように面白い話しをストックするのか?

これは実際、話してみないと分かりません。

自分が面白いと思っていても、自分が面白いと感じているだけかもしれません。

ですから、普段から人に受けた話しは、

自分の持ちネタとしてストックしておくことをおすすめします。

同じ人に同じ話しをしなければ、良いのです。

自分は同じ話を何度もしていく上に、話しが洗練されていきます。

そのような「十八番」ともいえる武器を、3,4つ抱えることが大事です。

困ったら、この話。

という風なものを持っておくといいです。

⇒面白い話 短編集58編 笑えるまとめを話のネタに。

 

流行の話、気候の話、時事ネタなどがつかみによし

今何が流行しているか、

今の気候でお互いどんな気持ちをしているか、

世の中ではどんなことが起きているのか、

この辺りの話しはつかみのネタとしては話しやすいです。

よく話し上手と聞くと、起承転結があり、オチもしっかりある話し方、

と誤解されているかもしれませんが、

かならずしもそうでなくてもいいのです。

会話は雰囲気を楽しむものです。

しっかりと相手を笑わせたり、驚かせたりしなくてもいいのです。

逆にそこを意識しすぎる人が「すべったり」します。

でも、この「すべり」もギャグに転換できれば、良いのです。

オチなんてなくてもいいから、ひとまずてきとーに話してみることです。

もちろん、自分がなにも知識ない話しだと話を広げようがないですから、

自分がある程度、知っていることを話せばいいのです。

相手の方が詳しければ、相手に優先権を。

対等ならば、意気投合して、笑い合い。

自分の方が知っていれば、自分が優先権を握って話せばいいのです。

ただ自分が優先権をもった場合でも、

相手が興味あるかどうかは意識してください。

ぜんぜん興味のない話しでは、いかに話し上手でも、

なかなか楽しい話しにはできません。

 

自慢話や、自分しか分からない内輪ネタは面白くない

最も嫌われるのに、しゃべりがちなのが自慢話です。

きっと自尊心とか自己顕示欲がそうさせるのでしょう。

自慢話をするなら、どうせなら笑える方向に持って行くのが吉といえるでしょう。

また、自分しか分からない内輪ネタは技術がないと面白くありません。

 

軽い知識で良いので話のネタを普段からインプットしよう

一番、簡単なのがYahoo!のニュースランキングなどです。

ニュース、スポーツ、エンタメなどカテゴリー分けされていますし、

Yahoo!の素晴らしい人材が面白いと思った話しが選ばれているのです。

多くの人が興味を持つ話しだといえるでしょう。

 

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、

はてなブックマークやツイッター等で

シェアをお願い致します。非常にはげみになります。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ