それって下心? 男性が女性を褒める心理。

下心ばかりが褒める理由ではありません。

男性が女性を褒める場合、決して下心があるばかりではありません。

私なども女性を褒めることはたくさんありますが、

恋愛心がある場合とない場合があります。

では、どんな時にどんな心理が隠されているのか、考えてみます。

 

とりあえず褒めておこうとてきとーな場合

女性相手に褒めるのは当然。

これは社会的につちかった価値観なのか分かりませんが、

多くの男性が持っている価値観だと思います。

話しに困ったら、とりあえず褒めておこう、という場合です。

話しが特にない場合に褒められたら、

「場をつながれた」と程度と捉えてもいいです。

もちろん、下心があって、褒めて褒めて優しくしようとする人もいます。

でも、特に話しが他に場合は、そんな人、無視で良いです。

その程度の褒め方しかできない下心な人間は気にしなくていいからです。

なので、「話しがとまって、褒めてきた」とか

「話の導入がひとまず褒める」とかの人は、

あまり気にしなくていいと思います。

 

男性が女性を具体的に褒めた場合。

具体的に褒める場合でも、容姿か性格か能力かによって考えは変わります。

容姿は褒めやすいので、そこまで関心ないけど、下心ありか、何もない場合があります。

基本的には女性自身が美人(可愛い人)か否かによって変わってきます。

美人(可愛い人)であるほど、逆に想いはなく、事実を述べている可能性があがります。

性格の場合はそれだけあなたをよくチェックしているということですから、

何かしらな好意があると思ってもいいかもしれません。

でも、「いい人そう」とか漠然に褒める場合は、何も褒めるところがない可能性もあります。

能力の場合は、客観的な事実を褒められているだけかもしれませんので、

特に気にしなくて良いです。

具体的に褒めるのが上手すぎる男性はかなりの女性の相手上手です。

下心があるとは限りませんが、少し注意を払いましょう。

 

男性が女性を曖昧に褒めた場合。

単なる褒め下手な可能性もあります。

でも、褒めるところがないとか、興味がない人に対しては曖昧な褒め方になります。

好きな女性や肉体関係を結びたい女性には、

「俺はこんなにも君のことを見てるんだよ」と暗に伝えるために、

オリジナリティのある褒め方を無意識にしようとするからです。

この場合、好きな女性に対するものの方がオリジナリティのある褒め方になります。

肉体関係の場合は男性が褒めるのが上手かどうかによって変わってきます。

 

【PR】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、

はてなブックマークやツイッター等で

シェアをお願い致します。非常にはげみになります。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ